交通量調査事業

更新日:

人力観測・機械観測・その他先進手法による調査 あらゆる調査ニーズにお応えします

交通量調査の現場イメージ図です

数取器等を用い、路傍から交通量を計測します。

【主な調査項目】
交通量(方向別・車種別)
通行量(歩行者自転車の区別、また年齢等による分類等様々な分類に対応可)
道路幅員等測定
渋滞長調査
信号現示測定

ご指定の調査手法・仕様に従って交通量調査・渋滞長調査を行います。
人力による調査は臨機応変な対応がしやすく、天候の変化、道路状況の変化、動物や悪戯によるアクシデント等にも柔軟に対応できるメリットがあります。
道路には特有の条件があります。隣接する交差点や交通量の大小・渋滞の有無等によって最適な配置人員数や実施手順・実施手法が異なります。
過年度調査なども参照し、確実な調査手法をご提案致します。

【実施可能エリア】
・近畿圏
・四国地方
・中国地方
・中部地方
・その他関東圏、九州もお受けしております。お困りの際はぜひご相談下さい。

【実施規模】
・調査員数 1名~200名/日 程度まで
・調査期間 1日~1年 程度まで

Copyright© 株式会社Hills' Research and Fields , 2019 All Rights Reserved.