大店立地法に基づく交通量調査

ヒルズリサーチでは、大店立地法(大規模小売店舗立地法)に基づく交通量調査も行っております。

お気軽にご相談ください。

実績

  • 大手商業施設様 各社
  • 大店法に関する商業コンサルタント様 各社

ヒルズの特徴

  • 人手・ビデオを用いた調査が主軸
  • アプリ等を用いた調査が可能(速報対応)
  • AIを活用した調査も可能
  • ご指定の条件(時間帯・環境など)に合わせた調査が可能

当社には1500名超の登録調査員がおりますので、近畿圏とその周辺の県にて十分な人手を確保することが可能です。
数取器によるカウントのほか、アプリを用いた調査も可能です。
データをリアルタイムで収集するため、通常より早くデータを納品出来ます。

また、大手建設コンサルタント様から近年ご依頼の多いビデオ調査も積極的に行っております。
ビデオ調査は道路使用許可申請時の記載内容やビデオからの倍速カウントなどノウハウが必要な部分がございますのでご不安も多いかと存じます。
当社にて全て確実に行いますのでお気軽にご相談ください。

AIを活用したビデオデータの解析もご対応致します。
※映像データの品質・画角により精度が変化しますのでご相談となります。
長時間に渡るデータの一括解析を行いたい場合などにご活用ください。

その他、ご指定の条件がございましたらお気軽にお申し付けください。

実際にありましたご要望の例

  • 2箇所の比較をしたい
  • 歩行者を年齢別に分けたい
  • 自転車を車道と歩道とに分けたい
  • 自動車分類をさらに細かく分けたい
  • 杖を持っている人だけ別にしたい

お悩みの際はお気軽にご相談ください。

お問合せはこちらから

© 2020 株式会社Hills' Research and Fields